コーヒーの育て方とは一体どのように行うのか

みなさんの中にはコーヒーを育てたいと思っている人もいるかもしれませんね。特にコーヒーが好きな人はそうかもしれません。実際に自分で栽培することによって自分の好みの豆を生成することができるかもしれませんしね。しかしみなさんはコーヒー豆が一体どのようなところで育てられているのか知っていますか。なかなかきちんと理解していない人もいるかもしれませんね。

そこで今回はそのようなことに関連した話について述べていきたいと思います。コーヒーと言えばどこの地域を真っ先に頭の中に思い浮かべますか。それは人それぞれかもしれませんが、アメリカやヨーロッパなどの先進諸国を頭に思い浮かべる人もいると思います。確かに消費量的にはそのような地域が高いのかもしれませんね。しかし答えとしてはもちろん不正解なのです。コーヒー豆がどこで作られているのかと言うと、南側の南米や、ガーナなどといったアフリカで育てられているのです。どうしてそのような地域で育てられているのかと言うと、暑い地域でないと豆が欲している光を求めることはできないからです。またその他にもコーヒーの場合貿易に関して港に近いところが多いのです。またそのよな地域にコーヒー豆が育った経緯もきちんと存在しているのです。それは、コーヒー豆は以前奴隷の手によって育てられていたと言うことです。ですからアフリカなどの地域に住んでいた黒人が育てていたことになるのです。その際には今のように職場環境も良くなかったらしく、倒れて行く人も結構いたみたいです。ですからそのように考えると、コーヒー豆の歴史は奴隷の歴史の象徴としても考えることが可能なのかもしれません。話を戻しますが、これまでの話を聞いて日本でも豆の製造はできるかどうかという問いに対してどのように答えますか。ほとんどの人ができないと答えるかもしれませんね。確かに難しいことは難しいのです。

しかし日本の科学技術によれば可能になるかもしれないのです。ですからみなさんの庭やベランダでもそのようなコーヒー豆のなる木を拝見できる日はすぐ近くまでやってきているのかもしれませんよ。今回話した育て方についてどのような歴史があるのか調べることはコーヒーを本当に理解する上でも必要不可欠なことなのかもしれませんね。もしも本当にコーヒーに関して理解したいという人はそのようなことを調べて見ても良いかもしれませんよ。そうすることによってよりコーヒーに関して理解できるかもしれません。

Discuss

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*